Smartphoneと古希の父

smp

2015年現在では、日本におけるSmartphoneの普及率は、若者を中心に約6割りを超え、Smartphoneを使ったインターネットの利用率もパソコンとほぼ同様の5割を記録している。
特に10代への普及率は8割以上を記録しており、2016年以降も更に上昇することが予想される。
小学校や中学校、そして高校の授業でもタブレットが活用されており、android端末やipad端末を利用し、教材もインターネットで配信されている。

一例を紹介すると数学の授業では、テキストでは分かりずらい図形の展開図を3D表示を行うことで360度回転させることができ、図形を展開し、面積を求めることもできる。
これら技術を応用し、70代のシニア向けのアプリ開発に取り組むProviderが増えている。

Androidメーカーとしては、HTC、サムスン電子、SONY、TOSHIBA、SHARP、ZTE、Foxconn、LGエレクトロニクス、MOTOROLA PHOTON、ASUS、Mobile In Style、Smart Devices、BenQ、LENOVO、Acer、MSI、Geaneeなどがあるが、特にAppleはipad、iphoneで独自のシニア向けアプリ開発に成功している。

今年の12月に古希の祝いを迎える父も携帯電話の販売店へ赴き、自らProvider契約を行い、ipad、iphoneを手にした。老化防止にとProvider契約を行ったが、ipad端末、iphone端末を手にした父は、人が変わったように朝6時から深夜1時までYouTube、TuneIn Radioに没頭し端末を手放すことはなかった。

あまりにも1日当たりの端末の使用時間が長時間に渡ったため、Providerから使用容量超過の警告が来てしまい、急激に使用速度が低下した。
internetへの接続速度に満足できなくなった父は、Providerの契約を見直すことにしたが7GBから30GBに変更したが、2週間で限度となる30GBの使用上限量を上回ってしまった。

年金を受給し金銭的にも余裕のあった父は、別のProviderを契約し、わざわざunited states of americaからMOTOROLA PHOTONを取り寄せ、端末のSIMをfreeにする契約を行った。

それから3ヵ月後、12月に誕生日を迎えた父は、驚くことにYouTubeに東京の雅叙園で行った、自分の古希の誕生日会の様子をアップロードしたのである。
携帯電話で作成したとは思えない、flashを多用したオープニング映像と華やかな音楽からスタートし、とても数カ月前にSmartphoneを手にしたとは思えない程の技術を身につけていたことに驚きを隠せなかった。

お祝いの席で父がSmartphone専用スタンドを使い、自ら動画を撮影していたことは知っていたが、加工技術を身につけていたとは夢にも思わなかった。古希の祝賀会の最後に、私達兄弟から父へ、和の柄のギフトラッピングした桐箱入りの最新式のSmartphoneをプレゼントしたのだが、父は涙を流して喜び、私達に何度も「ありがとう!ありがとう!」と感謝の言葉を言っていたのが、忘れることができない思い出である。

動画の最後には、家族全員の集合写真を撮影したが、その写真も見事にスライドショーとして加工し、動画のエンディングに使用していた。古希の誕生日を迎えた父のこれからの目標は、動画のクリエーターとアプリ開発者になることだそうだ。夢を叶えるため最新式のMac Book Proを購入した父は、開発ソフトウェアであるXcodeのインストールを行い、iOS デベロッパープログラムへの登録を行った。

80歳には傘寿を迎えるが、まだまだ進化を迎える父を家族全員であたたかく見守ろうと思う。

MacOS Xの価値

macos10

OS X は、ネクストのオープンステップの技術をベースに開発された マックintosh専用Operating System, OSである。Open sourceのOperating System, OS「ダーウィン」をベースとし、ポシックスに準拠したユニックスである。

旧来のマック OS に比べて非常に安定しており、OPENでスタンダードな採用を基本としている。アクアと呼ばれる独自のuser interfaceで構築されたWindow Systemを搭載し、マック OS の特徴であるintuitiveかつflexibleな操作を実現している。開かれているOpen sourceの強みと、 マッキントッシュ が初めから持っていた「閉じていること」(ハードウェアとの密接な統合)の強みを併せ持ち、一貫したデザイン、操作方法が統一された「graphical user interface」、ユニックスの利便性、堅固さが共存している特徴がある。

ユニックス ベースとなり、比較的容易な移植で Berkeley Software Distribution や リナックス など他の ユニックス 系オペレーティングシステムで開発されたソフトウェア資産を、アクアインタフェース上で使うことができるようになった。X11(Windows system) がアクア上で動作することにより、X11(Windows system)上の操作が必ず アクア を経由することとなり、compatibilityのないapplication program間のCopy and Pasteのような、純粋なX11(Windows system)ではサポートされていない動作が可能である。

付属application programが充実しており、Japanese Fontとしてヒラギノ Fontが3種6書体付属している。マックOS X v10.5 には、shogakukanのNational languageおよびEnglish-Japanese , Japanese-English dictionaryが標準で付属している。またマックOS X v10.8 では 英語のオックスフォード辞典 やウィズダム英和・和英、スーパー大辞林など12種類の辞書が搭載されている。OS Xそのものの機能ではないが、標準でInstallationされるオープンソースソフトウェア「サンバ」の機能で、Windows ネットワーク環境でのファイル共有やドメイン参加など、Windows 機との共存が可能となっている(以前はThird- party製softwareが必要であった)。マック OS X v10.7 ライオン では、サンバの代わりに FreeBerkeley Software Distribution由来の smbfs を利用するようになった。

マック OS X v10.4 まではクラシック環境と呼ばれる マックOSは Compatibilityを持っていた。マック OS 9.2.2 を一種のVirtual Machineとして動作させるもので、マック OS application programは旧Versionのプラチナアピアランスで動作した。68K・PowerPC の別を問わず、旧来のapplication programの多くを マック OS X 上で動作させることができcompatibilityは高いが、完全なcompatibilityがあるわけではなく、オーディオ関係のapplication programなど特にreal time性が求められるものについては、メーカーがSupportしていない場合がある。なお、マック OS X v10.5 およびintel版の マック OS X v10.4 からこの機能はなくなった。

2005年の (ワールドワイド デベロッパーズ カンファレンス、略称:WWDC)でPowerPC に代わりintel製 CPU (Central Processing Unit)の採用が発表されたが、マック OS X は開発当初より CPU (Central Processing Unit)に依存しない抽象化を示すために x86 版との並行開発をしており、すべてのVersionの マック OS X でintel版が存在していたという。これは、マック OS X の前身である 狂詩曲 が当初より PowerPC 版とintel製 CPU 版が計画されており、TruBlueEnvironmentは、Mac OS Xの一アプリケーションのように思われがちだが、実際はxnuカーネルにもBlueBox用のコードが含まれるように、カーネルを巻き込んだ大掛かりな環境である。目的とするアプリケーションを単独動作させるものではなく、互換性の維持に必要な最低限の構成のMac OS 9を丸ごと動作させ、その上で目的のapplication programを動作させる。

Appleが提供するiOSの進化

ios03

<Appleが提供するiOS>
AppleのSmartphoneであるiPhoneや、個人用の携帯情報端末を持つ電子再生機能付きプレーヤーのiPod touch、タブレット端末のiPad・iPad miniに搭載されているOSである。セットトップボックスのApple TVにも採用されているが、ユーザによるAPの追加ができないなど大幅に機能が制限されている。

iOSは、基本的にマック OS テンをタッチパネルの携帯機器に最適化した形で再構成したもので、ユーザインターフェースは全く異なるものの、Darwinカーネル(X is Not Unix)の上に、CocoaベースのApplication Frameworkが載っている構成はMac OS Xと共通する。ただし、Mac OS Xの根幹技術の一つであるCarbonやUNIX関連の機能の多くを欠いており、開発者はCocoa Touch、Media、Core Services、そしてCore OSという4つのレイヤを通じてOSにアクセスする。Multi-touch panel、加速度センサなどを生かした、従来にはない特徴的なユーザインターフェイスで注目を集めた。

当初はユーザによるApplicationの追加は認められていなかったが、2008年6月よりSoftware Development Kitが整備され、アップストアで自由にApplicationを追加できるようになっている。iPhone Software Development Kitの登場により、Cocoaフレームワークと開発言語としてのオブジェクティブCが改めて注目されることとなった。iPhoneはJava仮想マシン、カーボンを搭載しておらず、iPhone向けネイティブアプリケーションの開発には、基本的にオブジェクティブC(もしくはSwift)を習得する必要がある。iOSのカーネルはマルチタスク対応で、音楽再生などのOSに組み込まれたプロセスはバックグラウンドで実行させているが、バッテリやメモリ容量の制約から、1度に起動するアプリケーションは1つに限定されている。なお「IOS」はシスコシステムズの商標であるが、同社はアップルが「iOS」の商標を使用することに合意している。

<内蔵アプリケーション>
電話(iPhoneのみ)
マップ
Siri
カメラ
Passbook(iPhone、iPod touchのみ)
メール
Safari
メッセージ
リマインダー
ミュージック
ビデオ
写真
App Store
iTunes Store
Game Center
カレンダー
連絡先
Newsstand
メモ
設定
天気(iPhone、iPod touchのみ)
株価(iPhone、iPod touchのみ)
計算機(iPhone、iPod touchのみ)
ボイスメモ(iPhone、iPod touchのみ)
FaceTime

 

<Googleが提供するアンドロイド>
アンドロイドのuser interfaceはMakerごとに異なり、それぞれが独自のuser interfaceを開発している。Customizeが施されていない標準のアンドロイドは通称Android Open Source Project 版と言われ、アンドロイドオープンソースプロジェクトのSource codeから直接ビルドしたものを指す。また、メーカーやサードパーティが開発したものはカスタムROMと言われている。

アンドロイドの基本操作はTouch interfaceとなっており、指を使って直感的な操作ができるようになっている。表示されたボタン類を押すタップ、長押しタップ(つまむ)、画面端からTapSlideしてMenu類を表示するSwipe、Multi-TouchによるピンチやRotationなどができるようになっている。画面をTapした際に、ボタンを押したという感覚を起こさせるために、本体をvibrationで振動させる機能を持ち合わせる。Gyroscopeや、加速度計などのハードウェアをサポートしており、Application側からそれらにAccessして活用する事もある。Gyroscopeは端末を縦向きから横向きに変更する際に使われる事が多い。gameの例ではrace-gameゲームで車をハンドル操作する際、端末を傾けてハンドル操作に当てはめるものがある。

ホームスクリーン上には、パソコンのデスクトップ画面のようにアプリケーションのアイコンが並び、アプリをインストールするとホームスクリーン上に自動的に配置される。また長押しタップでアイコンを移動したり、フォルダを作成して格納する機能を持つ。これに加えてウィジェットを配置できるようになっている。ウィジェットは、天気予報やニュースなどのライブ情報などがあり、ホームスクリーンから直接見ることが出来る。ホームスクリーンは画面外にも複数用意されており、画面を左右にスワイプすることで複数のホームスクリーン間を移動出来る。

画面上部にはステータスバーが配置されている。Status barは、新着メールやShort Messaging Service を受信したりデバイスを接続した時に、ユーザーに作業を中断させることなく知らせるシステムとして使われる。また、多くのAndroid端末には、通信の切り替え、機内モード、システム設定など、頻繁に使われる機能も、この通知バーに格納されているものが多くある。日本国内では通称として通知バーと呼ばれている。

画面下部には「back」、「home」、「アプリケーションリスト」の操作を実行できるナビゲーションバーが、アンドロイド3.x、及び4.0以降から配置されている。これ以前のバージョンでは、主にハードウェアキーが主流であった。

<内臓アプリケーション>
Nova Launcher
Apex Launcher
Google日本語入力
ATOK
Helium
AppMonster Free Backup Restore
Rotation Lock Adaptive(Free)
Brightness Level
Screen Filter
QR Droid
Battery Monitor Widget
My Data Manager
SuperBeam|Wi-Fi Direct Share
X-plore File Manager
My docomo checker
Lookout Mobile Security
アンドロイドデバイスマネージャー
QuickShortcutMaker
Massiveマルチドロワー
Chromeリモートデスクトップ
Microsoft Remote Desktop
Chrome
Dolphin Browser
Android用Operaブラウザ
Firefox
Puffin Web Browser
日本のお天気レーダー
モバイルGoogleマップ
ウェーザーニュースタッチ
乗換NAVITIME
乗換案内 Yahoo!ロコ
食べ地図Free
Google Sky MAP
Google Drive
Dropbox
Droid Scan Lite
電子マネー「楽天Edy」
モバイルSuica
ヤフオク!
AmazonモバイルAndroidアプリ
楽天市場
Rポイントカード

amazonアプリのメリット

amazon

※「AmazonモバイルAndroidアプリ」はアンドロイド向けに開発された、スマートフォンへの常駐アプリです。スマートフォンさえあれば、いつでもどこからでも商品の検索や注文が可能です。Amazonプライムを利用すると最短で当日、遅くても翌日商品が届きます。

古希祝いに70年前の新聞プレゼント

古稀とは70歳の節目のことを指しており、紫色をモチーフとしたお祝いとして知られています。ただしほかの記念日や節目と比べると贈るものに関して定番のものと言うものがないのである程度自由に贈る事ができますし、長寿のお祝いよりも健康祈願・長寿祈願の意味合いをかねていることが多いと言うところが特徴です。
そんな古稀祝いの贈り物として注目を集めているのが70年前の新聞です。これはほかの贈り物に添えて一緒にプレゼントすることができる一品の一つとして知られているのですが、メモリアル新聞としてその人が生まれた年月日の新聞を贈ることによってその人が生まれた日には何があったのか・どのような年だったのかを振り返ることができます。それによって懐かしい気持ちに浸ることができますし思い出話に花が咲くため、少し変わった贈り物として人気を集めています。ちなみに贈る新聞は当時の記事をそのまま新しく印刷したものとなっていますし、業者によってはある程度新聞社を選択することもできます。また複数の記念日のものを用意することでより思い出話を広げると言うことも可能です。
そしてこのメモリアル新聞は生まれた70年前のもの以外にも、結婚記念日や子供の誕生日、成人式を始めとした色々な記念日に設定することができます。そのため夫婦に贈る場合はそのような年月日のものを贈ると喜ばれることが多いですし、当時の話を広げることができると言うことでお勧めされています。

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • シニアが集まるProviderを期に、おじいちゃんが右手にiPhone、左手にAndroidを持って、IT無双しています。
  • ↑ PAGE TOP